着うたを自作してみよう!

着うたは意外と簡単に自作することが出来ます。着うたの自作は最近はとくに、スマートフォンのアプリで作る事が出来るようになったので自作をする人が増えたのではないでしょうか。

やはり、自作をするとなると今まではパソコンでの作成が多かったでしょう。パソコンではさまざまなフリーソフトをつかうことで着うたを自作することが出来ました。しかし、パソコンで作るのは若干難しいと感じる人も多かったようです。

最近では、アプリで着うたを作成できるようになりました。
アプリでの着うた作成方法は、アプリをダウンロードして、曲を着うたにしたい長さに切り、自分で作成することが出来るのです。

もちろんアプリやスマートフォンの種類によって多少作り方に違いは出て来ます。しかし、1つのアプリだけで着うたを作成することが出来るんで難しい作業ではないでしょう。

気になる人は、まずは着うた作成アプリをダウンロードしてみてはどうでしょうか。

 

着うたの現状と未来予測

 

●現状:

 

着うたは、2002年にKDDI(現au)が始めたサービス。それまでの携帯電話の着信音はみな同じであった。
同じトーンで着信音の速さを変えたり、呼び出し時間を長くしたり短くしたりはできたが、電車や、人ごみの中での呼び出し音は、思わず自分のが鳴っている?と錯覚してしまうシーンがよく見受けられた。
そこで、差別化を図るのと、新しいコンテンツ(商品)としての地位を確立した。

音源の種類も、最近ではポップス、ロック、歌謡曲から、アニソン(アニメ番組の主題歌)、ジャズ、HipHopなど、多岐にわたっている。

一曲あたりの利用料は100円前後。月額なら300円〜500円の登録料がかかる。

着うたには有料の他、一部無料のものがある。最近になると、とてもこれが無料?と思うくらいの品質の高いものが増えてきた。

最近では、着うたの「ランキングサイト」がある。他に、着うた専用サイトがある。企業も着うたに本格的になってきた。

各サイトが提供している有料、無料の音源の他、着うた用に音源を加工できるアプリ(ソフトウェア)がある。

CDショップで販売されているメディア(音楽CD)や、DLした音源は、通常では携帯電話やスマホでは利用できない。音源を利用できるように「変換」(加工)する必要がある。
それを変換する専用アプリがある。

2007年、米アップル社がiPhoneを発売。それとほぼ同時期にAndroid端末が発売され、スマホ時代の幕開けにより、着うたが以前より安価にカンタンに利用可能となった。

現在、着うた専用のアーティスト公式サイトがある。

 

●未来予測:

 

CDの販売伸び悩みの打開策として、アーティストや音楽配信サイト、各種レコード会社は、着うたのランキングや動向に基づき、売り上げ指標を打ち出す政策をとらざるを得なくなってきた。
たかがスマホの着うたと、侮れない。将来的には、コンサート興行やTV番組を決める際の大きな、それも世界規模のスタンダードなマーケットチャネルと変化するだろう。